株式会社ダイブ上場記念インタビュー:Cuelメンバー稻川静さんの常勤監査役としての挑戦

  • 2024年4月3日
  • 2024年5月15日
  • news, POST
  • 56view

このたび当社が運営する経理スクールコミュニティ「Cuel」のメンバー稻川静さんが常勤監査役として勤務する株式会社ダイブ社の上場を記念し、お話をうかがいました。弁護士でもある稻川さんは、監査役としてのキャリアを築く中で、独自の挑戦と経験を積み重ねてきました。今回のインタビューでは、その道のりや背景、そして将来への展望について語っていただいています。

Cuel: 本日はありがとうございます。今回は初めての常勤監査役への挑戦でしたが、その決断の背景は何でしたか?
稻川さん(以下敬称略): 初めは勢いだった、というのが正直なところです。勢いを持つことができた背景としてあったのは、キャリアアップしたいタイミングでもあったというのが大きいですね。お声がけいただいた頃、私は、任期付公務員の仕事をしており安定とやりがいは感じていたのですが、一方で自分の成長という意味合いでは何かを求めていたんです。そして、最終的な決め手となったのは、社長との面談での印象と会社自体の良さでしたね。

Cuel: 初めての監査役しかも常勤でしたが、どのように業務を行い、慣れていきましたか?また、苦労したことはありますか?
稻川: 今でも慣れているという感覚は決してありません。毎日責務を果たせているかな?という不安はあります。だからこそ、監査役就任当時も今も、自分で考えて何をするべきかを相談しながら進めるというスタンスは変わっていないですね。また、監査法人や証券会社とのやり取りを受け止めつつも、鵜呑みにしすぎず、監査役としての役割を常に再考し、リーダーシップとマネジメントを発揮するよう心がけました。

Cuel: そんな中でCuelへの入会。決め手はなんでしたか?
稻川: 監査役就任当初の私は、知識面に不安を抱えていました。今の知識で果たして監査役が務まるのだろうか、と。その不安を解消するために日本監査役協会にも入会し、有意義な学びは多かったものの、女性や同世代が少ないこともあり気軽に相談ができず、そういったコミュニティがあればいいなと感じていました。
また、監査役に関する書籍を読んでも、結局は各々の会社の体制によるというような記載が多く、往査の実施方法や調書の残し方など、実務面での不安を感じていました。そして実務面での不安を解消するための第一歩は帳簿を見れるようになること、帳簿を読み取って経営者の目線を得ることだと感じていたとき、出会ったのがCuelでした。
そして、入会の一番の決め手となったのは、講師の齋藤さんと眞山さんの人柄でした。相談のしづらさがネックになっていた私にとって、実務において気軽に相談できるかどうか?というのはとても大きなポイントでした。

Cuel:Cuelには動画カリキュラムやLIVE授業、コミュニティがあります 。Cuelでどのような学びがあり、良かったことはなんですか?
稻川: 動画カリキュラムの内容が良かったです。特に内部統制についての解説が役立ちました。。受講生の皆様との交流もあり、経理担当者の現場の悩みは私にとっても参考になりました。

Cuel: 稻川さんは2児の母でもありますよね。家事や育児、仕事の両立をしていくうえで今実践していることや困っていることはありますか?
稻川: 決して両立できているとは思っていないんです。実際は、「母としてこれでいいのだろうか?」と自問し、自己批判をする傾向もありました。しかし今は、自分が子どもの事を大切に想っていることは自分自身が一番よく分かっているのだから、変に罪悪感を背負うことは必ずしも子どもの為にもならないとと思い、その時その時で子どものために一番だと思う選択をすることを心がけています。あえて挙げるとすれば、外注を躊躇しないことですかね。

Cuel: ありがとうございます。最後に、今後のキャリア目標について教えてください。
稻川: 引き続き監査役をやりながらも、弁護士としての成長も目指しています。また、女性が役員クラスに増えることも期待しています。

稻川静
慶応義塾大学大学院修了
2012年弁護士登録。
2013年鈴木茂生法律事務所入所後、2020年に法律事務所UNSEEN設立パートナーとして参画。
2022年1月株式会社ダイブ常勤監査役に就任。

株式会社ダイブについて

ダイブは、日本経済の成長エンジン「観光」の大課題を解決すべく、事業展開しているベンチャー企業。
基幹事業である観光施設に特化した人材サービス(リゾートバイト)においては、観光施設の大課題である「人手不足」の解決に寄与し、年間7,845人の観光従事者を創出。日本人人材と外国人人材あわせて、全国47都道府県、4,600施設以上の観光施設と、人材の取引実績を持つ(数値は2023年6月期現在)。
また、新規事業の地方創生事業では、全国6カ所においてグランピング施設等を展開。収益の創出、外貨の獲得はもちろん、地域事業者と連携することでのサステナブルな地域づくりに貢献。その他にも、グランピング施設に特化したWEBメディア GLAMPICKS(グランピックス)の運営をはじめとした宿泊施設に対しての集客支援など、IT領域での事業展開も積極的に行う。

会社概要

会社名   :株式会社ダイブ(2024年3月27日に東京証券取引所グロース市場(証券コード:151A)へ新規上場)
創業    :2002年3月
代表取締役 :庄子 潔
本社所在地 :〒160-0022 東京都新宿区 新宿2-8-1 新宿セブンビル10F
サイト   :https://dive.design/ 

株式会社Cuelについて

「”あるがまま”を共有することで、”ありたい”を叶える」をミッションに掲げるスタートアップ企業です。2022年10⽉   に設⽴し、現役経理⼥性のためのオンライン経理スク―ルとコミュニティの運営を行っております。
さらに、学ぶだけでなく、学んだことを活かせるような経理業務案件の紹介も⾏うことにより、キャリ ア(収⼊)UPまでの⽀援を実施しています。

▼サービス内容
経理財務からキャリアを拓きたい⼥性のための経理スクールコミュニティです。
⽉額16,500円(税抜価格15,000円)で、4段階レベル別コースの動画レッスンがで学び放題となってい    ます。さらに現役公認会計⼠兼起業家の講師からのフィードバック、学びを経験に変えるためのお仕事( 業務委託)の紹介も⾏っています。

▼このような⽅におススメ
・経理の未来が不安
・経理としてキャリアップしたいけどどうすれば良いかわからない
・社内に経理のロールモデルや相談できる相⼿がいない

▼⼊会⾦無料キャンペーン実施中
⼊学⾦162,000円(税抜価格148,000円)が無料になるキャンペーンを実施しております。

▼無料説明会申し込みサイト
https://cuel.co.jp/lp/

2024年7月女性監査役コミュニティをOPEN!

 本日より、参加予約申し込みをスタートしておりますのでご希望の方は下記よりお申し込みください。

https://s.lmes.jp/landing-qr/1657506870-v24LNW45?uLand=4FSDA9

※LINE上での予約申し込みとなります。

▼女性監査役コミュニティの目的
上場準備企業に監査役として就任する皆様、就任を目指す皆様のための上場準備プロセスにおける知識やスキルのギャップを埋めることを目的としています。

▼提供するバリュー

1.専門知識の共有
 上場プロセスに関する経理・内部統制・ガバナンスについての知識を共有する

2.経験談の交換
 上場経験者が直面した課題とその解決策に関するケーススタディや経験談の共有。特に、監査役としての役割に特化した内容を提供する。

3.ネットワーキングとメンターシップ
 上場準備に関連する各種プロフェッショナル(会計士、弁護士、金融アナリストなど)とのネットワーキング機会の提供。メンター制度を導入し、経験豊富なプロフェッショナルがガイダンスを提供する。

4.継続的な教育プログラム
 上場に関連する最新の規制変更、会計基準の更新、法律の解釈など、継続的な学習を支援するためのセミナーやワークショップを定期的に開催する。

5.リソースとツールへのアクセス
 上場準備に必要な文書テンプレート、チェックリスト、ベストプラクティスガイドなど、実務に役立つリソースへのアクセスを提供する。

6.相互支援とフィードバックの機会
 メンバー同士でチャレンジや進捗を共有し、フィードバックや助言を得られるフォーラムやディスカッショングループを設ける。

会社概要

会社名:株式会社Cuel
代表取締役:鈴⽊ ひとみ
所在地: 〒105-0004 東京都港区新橋5丁目12−11 天翔オフィス新橋5丁目ビル601
URL:https://cuel.jp/ 

Cuelのプレスリリース⼀覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/111016

ー本リリースに関する問い合わせ先ー
社名:株式会社Cuel Cuel運営事務局
E-mail:contact@cuel.co.jp

最新情報をチェックしよう!